2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 

神棚の掃除方法

アルエ・ショップでは伝統的なものから洋風のデザインの神棚を販売しています。日本では古くから神棚を祀られているご家庭が多いです。神棚は神様が祀られているものなので、常にきれいにしておく必要があります。神棚を掃除する際には、決まりごとや手順というものがありますのでご参考にしてください。

時期

年末の吉日が理想です。お正月を迎える前に家の隅々を大掃除し綺麗にして、清々しい気持ちで新年を迎えましょう。

用意するもの

きれいな布巾、紙(和紙が理想的)、洗面器かバケツ、榊(さかき)、新しい供え物、お酒、塩一袋、ハタキなどになります。大掃除は年に1度かと思いますので、榊などはリサイクルすることはせず、新しいものを購入するようにします。

掃除前に必要なこと

いきなり掃除を始めることは神様に失礼に当たりますので、前もってやっておくべきことがあります。
まず身を清める意味で、手を洗うことが大切です。

その次に神様に「只今よりお掃除させて頂きますので、触りなきようお願いいたします」などと一声かけるようにしましょう。その後に神棚にのっているものを全て下げます。その際は、失礼に当たりますので決して床などに地下置きにするのではなく、机や台の上などに置くようにしましょう。

掃除の手順

ホコリが目立つようであれば、最初にハタキで払っておきます。ホコリを取った後には、神棚に入っているお札を取っておきます。掃除をしている間、余計なものがお札に入らないように和紙や半紙などでお札を包んで置いておきます。

それから「お酒・水・塩」を混ぜて、清明水(せいめいすい)を作り、その水を使用して布巾を浸し、掃除を行っていきます。この際に、布巾はしっかりと絞り水気が残らないようにしましょう。神棚は水気があると、カビや歪みなどの原因になるからです。隅々まできれいに吹き上げた後は、乾いた布で乾拭きすれば完了です。

アルエ・ショップは神棚の専門ショップです。リビング用や壁掛け用などのタイプもございます。
デザインも伝統的なシンプルなものから洋風まであるので、お部屋のイメージに合わせて選んでいただけます。種類が豊富なので、サイズも様々あるのでマンションや店舗用など最適なものをお選びください。

ページトップへ