2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 
 

自宅に神棚を設置する際のポイント

ご自宅に神棚を設置する際には、方向・高さ・飾り方・配置などに気をつける必要があります。

設置する際のポイント

向きは、南や東が良いと言われています。ただし、風水学では、標高の高い場所から低い場所へ気の流れが出来るという考え方があります。自宅や環境によっては、気の流れを考えて設置する場合もあります。子供部屋や寝室といったプライベートな空間、汚れが付きやすいキッチン、トイレや浴室などの清浄とされない場所を避けると良いでしょう。

高さは、立った時の目線より少し見上げる程度の高さを基準にします。より良いのは家族が集まる部屋、または来客の際におもてなしをする部屋のような、明るく清浄な場所を選びましょう。適した場所がどうしても見つからない場合、マンションやアパートなら神棚の上に「天」や「雲」と書かれた紙などを貼れば問題ありません。

お参りやお供え

神棚は、小さな神社のようなものです。神社をお参りするのと同じく、二礼二拍手一礼でお参りします。お供えするものには、塩・米・酒・水があります。また、神棚の両サイドには榊をお供えします。水・榊の水・塩・米・酒は、毎日替えるのが理想的です。

榊は毎月一日と十五日に替えると良いと言われていますが、その前に枯れてしまう場合は早めに交換してしまっても問題ありません。水・榊の水は毎日換え、その他は三日や一週間など人それぞれ交換する期間が異なる事もあります。祀り方は地域によって異なりますが、神様を大切に思う心が何よりも重要だという事を忘れてはいけません。

通販「アルエ・ショップ」では、額型・菱型・従来型など様々なタイプの神棚を取り扱っております。様々な住宅事情に適した神棚が見つかります。また、障子紙やふすま紙も販売しておりますので、新生活のスタートで様々なアイテムの購入が必要だという方にもおすすめです。

ページトップへ