2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 
 

相撲と神事の関わり

日本には生活の一部として溶け込んでいる多くの神事があります。相撲も神事と深い関わりがある事をご存じでしょうか。

相撲の始まり

日本の相撲の歴史は、神話の時代まで遡ります。日本のもっとも古い歴史書である「古事記」には、建御名方神(タケミナカタノカミ)と建御雷神(タケミカヅチノカミ)が出雲の国をかけて力比べをしたと記述があります。

また、「日本書紀」には天皇の御前で宿禰(スクネ)と蹶速(ケハヤ)が自らの領地と日本一をかけた「天覧勝負」が記述されており、相撲の起源といわれています。天覧勝負で勝利した宿禰(スクネ)は、相撲の始祖神として祀られています。

神事として発展

時代が進むと、相撲は神事として形を変え人々の生活に浸透しはじめます。平安時代には豊作を占う「国占(くにうら)」という儀式になり、その後は宮廷行事の「相撲節」として長く続いていきます。

娯楽として

戦国時代になると相撲は武士の訓練としても行われるようになります。この時代に相撲は武術として大きく発達したといわれています。

江戸時代には寺社の建築や修繕の為に募金を目的とした「歓進相撲」が行われ、相撲は民衆にとって身近な存在になります。やがて、相撲は定期的に興行されるようになり、民衆の娯楽の一つとして人気を博したのです。

相撲と神事

長い歴史と伝統がある相撲には、神事と関連があるものが数多く存在しています。取り組み前にまく塩は神聖な場所である土俵の邪気を払い、四股を踏む行為は地中の邪気を踏みつけるという意味があります。

相撲で使われている「しめ縄」は神具の一つであり邪気を払い、土俵を清める意味があります。

神事と深い関わりがある相撲は、私たちにとって身近な存在です。それだけ日本人にとって神さまは身近な存在であり、神事は受け継がれてきたものなのです。

神棚をお祀りするのも、日本文化に深く根付いた結果だと思います。アルエ・ショップの通販サイトでは、リビングにも飾れるモダンな神棚を豊富に取りそろえています。小型の神棚や棚板も販売しています。通常よりお安い特価限定品もございますので、ぜひご利用ください。

ページトップへ