2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 
 

障子紙を選ぶ楽しみ

日本家屋には欠かせない障子。アルエ・ショップでは、絵柄入りの障子紙を販売しています。様々なデザインの種類を用意しており、お部屋の雰囲気を変えたい時などに活躍してくれると思います。無地のシンプルな障子紙もよいですが、ときには違う障子紙を使って生活に彩りを加えませんか。

季節感を演出しよう

障子紙には太陽の光を半分ほど遮る特性があり、光が拡散されるので室内を均等に明るく照らしてくれます。光をほどよく通しますから、その特性をいかして季節に合わせて障子紙の柄を選んでみてはいかがでしょう。

春なら桜、夏には朝顔、秋は萩、冬は牡丹と、季節に咲く花をモチーフにした柄の障子紙を使えば室内でも季節感がでます。障子にはカーテンとは違う魅力があります。障子紙の柄に光が通ることで、室内をすてきに彩ってくれる事でしょう。

借景を楽しもう

趣味でガーデニングを楽しんでいる方は多い事でしょう。手塩にかけて咲いた花を眺めるのもガーデニングの楽しみの一つです。花が咲き誇る庭を眺めるだけでも心が和みますが、借景で風景を眺める楽しみを増やしませんか。

借景とは「庭を借りる」という意味であり、庭以外の風景も庭の一部の風景として楽しむ手法です。

借景では、障子などを額縁にみたてて、庭の景色を切り取ります。育てた花だけを見るのではなく、庭をまるで一枚の絵を見るように楽しむのです。美しい障子紙を使えば、さらに美しい風景を楽しめる事でしょう。

障子紙を張り替える際に、借景を意識して選ぶのもおすすめです。

アルエ・ショップでは、素手では破れない障子紙を販売しています。
穴が空きやすいというデメリットがないので、小さいお子様がいるご家庭でも安心してご利用いただけます。また、シワになりにくいので貼り替えが簡単です。

往来の障子紙よりも強度があり、暖冷房効果に優れています。絵柄入り障子紙は萩や牡丹、つゆ草や牡丹など様々な柄を取りそろえています。和ごころふすま紙と組み合わせて使う事で、和の空間を演出出来る事でしょう。プラスチック障子紙をお探しの方も、ぜひアルエ・ショップをご利用ください。

ページトップへ